【ワンピース】ベガパンク登場! 本当に女性?

ワンピース

これまで何度も名前だけは出てきていた科学者ベガパンクが遂に登場!

どんな姿かと思ったらまさかの若い女性の姿!

しかもカワイイ!! 

いやー、予想外だけど嬉しいですね!

個人的にはロックマンに出てくるDr.ワイリーみたいな人物を想像していました!

※ONE PIECE1061話 尾田栄一郎/集英社

 

って思いましたけどこれはちょっとおかしいです!

ベガパンクは男である描写が過去にされています。

レヴェリー編の時に藤虎と話す緑牛が「ベガパンクのおっさん」と言っています。

さらに、パンクハザード編のシーザーの回想でシルエットが描かれていますが、頭が長く髭を生やした人物のように見えます。

※ONE PIECE684話 尾田栄一郎/集英社

今回登場したベガパンクはこれまで出てきたベガパンクの情報と食い違います。

これは一体どういう事なのでしょう?

 

ベガパンク本当女性

ワンピースの登場人物の中でNo.1の天才科学者であるので正直なんでもありなんだと思っています。

例えば今回登場したのはロボットでベガパンク本人は別の場所にいて遠隔操作で操っているとか。

例えば今回登場した女性にベガパンクの脳のデータをコピーしてるとか。

またはベガパンクに憧れている人物がベガパンクになりきっているってパターンもあるかもしれませんね。

 

色々な説が考えられますが、個人的に考えているのは今回登場した人物がベガパンク本人説です。

 

過去の情報との違いはどうなっているのか?という点ですが、これは悪魔の実の能力を使ったんじゃないでしょうか。

エンポリオ・イワンコフのホルホルの実の能力なら性別を入れ替える事ができます。

さらにジュエリー・ボニーの能力なら年齢の操作もできるので、イワンコフの能力と合わせればベガパンク本人を今回登場した姿にする事が可能です。

  

もちろんこの2人が協力したって事はないでしょう。

ベガパンクは悪魔の実の能力を再現する技術力があるので自分自身で能力を使ったと思っています。

過去にはパシフィスタに搭載された黄猿のレーザーだったり、不完全ながらもカイドウのウオウオの実を作り出したりしています。

 

ウオウオの実を作る際にカイドウの血統因子が必要だったので今回も同様に必要になるわけなんですけど、イワンコフとボニー両者の血統因子を入手する機会はありました。

イワンコフはインペルダウンに投獄されていたので、カイドウと同様に捕らえられた際に血統因子を入手された可能性があります。

ボニーはインペルダウンに投獄はされていませんが、黒ひげに捕らえられたボニーに対して政府から逃げた過去を赤犬が語っています。

つまりボニーもイワンコフ同様に捕らえられた際に血統因子を入手されている可能性があります。

※ONE PIECE595話 尾田栄一郎/集英社

 

なぜ姿を変えている?

ベガパンクが姿を変えている理由ですが、大きく2つあると思っています。

1つは研究結果を自分自身に試しているんじゃないでしょうか?

研究成果の確認でもあり自分自身を使った実験でもあると思ってます。

もう1つは若さを手に入れるため。

優れた科学者であるベガパンクですが、歳には敵いません。

いずれは老いによる死が待っていますが、研究者としてもっともっと研究したいという欲求を持っていてもおかしくないですよね。

ボニーの能力は作中描写では一時的なように見えますが、ベガバンクはボニーの能力を研究・改良する事で永続的な若さを手に入れようとしているのでは⁈

 

今後もベガバンクの情報が出てくると思うので、それを楽しみに待っていましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました