【ワンピース】1019話 フランキーVSササキ決着!

ワンピース

スポンサーリンク

フランキーVSササキ

ササキと戦闘中のフランキーの元に、お玉によって味方になったギフターズがかけつけます。

ギフターズが周囲の一般兵の相手をすることでフランキーはササキに集中できます。

フランキー将軍とササキはお互いに頑強なため、なかなか決定打を与えられていませんでしたが、ついにササキが人獣型になります。

カラクリ仕込みの刀を起動し、自身も襟巻きのような部分をクルクル回転させて空を飛びます。

「そこ回るの?!」とツッコみますが、そういう恐竜だと言うササキ。

トリケラトプスってそういう恐竜なの?

※ONE PIECE1019話 尾田栄一郎/集英社

一見ふざけた技のように思えますが、寝返ったギフターズを一気に仕留めるほどの強力な広範囲技です。

さすがは飛び六砲ですね。

※ONE PIECE1019話 尾田栄一郎/集英社

追い打ちをかけるようにプロペラで勢いを増した突進をしようとするササキですが、操作を間違えて逆方向に進んでしまいます。

本人曰く助走距離確保。

傅ジローに捕まった時もそうですが、ササキってカッコいい見た目に反して意外と抜けてるところがありますよね。

個人的にはこういうキャラけっこう好きです。

自分の能力の操作を間違えるほどこの技を使っていなかったという事なので、フランキーはササキにとって久々の強敵という事になりますね。

※ONE PIECE1019話 尾田栄一郎/集英社

改めて長い助走から放たれた”弾丸ケラトプス”を”将軍の盾”で受け止めるフランキーですが、受けきれず肩のランチャーが暴発するほどのダメージを受けます。

フラン剣も折られ、押され続けるフランキーですが、このまま押されてライブフロアにササキを行かせるわけにはいかないので、切り札の”将軍砲”を放ちます。

クリーンヒットし、勝負が着いたと思われましたが、飛び六砲の意地でササキは倒れません。

自爆覚悟の”マグナムケラトプス”を繰り出すササキ、フランキー将軍に直撃し、ついにフランキー将軍を破壊します。

しかし、フランキーは事前に脱出済み。

準備していた”フランキーラディカルビーム”でササキを撃破します。

※ONE PIECE1019話 尾田栄一郎/集英社

正直フランキーが単独でササキを倒すとは思っていませんでした。

フランキー将軍はこれまで無敗でしたが、それを踏まえてもササキに勝つのは厳しいと予想していたので驚きです。

傅ジローが合流してササキと因縁のやり取りをしたうえで2人がかりでササキに勝つ展開だと予想してましたが、これはこれでフランキーの強さを感じられていいですね。

鬼ヶ島の戦いの後でフランキーの懸賞金が大きく上がりそうですね。

この流れだと次回はブラックマリア戦ですかね?楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました