【ワンピース】1013話 うるティリタイア? ルフィVSカイドウがまさかの決着?

ワンピース

スポンサーリンク

VSビッグマム

鬼ヶ島内部ではナミとうるティが戦っています。

頑丈なうるティを倒すため、強力な”トルネード・テンポ”で攻撃するナミですが、うるティはこれを避けてナミを捕えます。

※ONE PIECE1013話 尾田栄一郎/集英社

絶対絶命かと思われましたが、ビッグマムがうるティの隙を狙い撃ちます。

ナポレオン、プロメテウス、ヘラの3体が合体することで強力な”鳴光砲”を放ちます。

ナミの攻撃では大きなダメージを与えられなかったうるティもこの一撃には堪らずダウンします。

うるティは恐竜の能力者なのでタフさは相当なものなので、復活も考えられますが、さすがに今回の攻撃は厳しいかもしれませんね・・・

※ONE PIECE1013話 尾田栄一郎/集英社

これまでもナポレオンにプロメテウスの炎を纏わせて攻撃した事があったのですが、プロメテウスが言うにはゼウスがバカだからゼウスとだとこの攻撃はできないと言っています。

ビッグマムに作られた特別なホーミーズ同士でも連携が取れない場合があるってことですね。

うるティを倒したビッグマムはナミとウソップ、さらには逃げようとしたお玉も殺そうとしますが、ビッグマムの攻撃をキッドが受け止めます。

ようやくビッグマムの元にたどり着けたキッド。

ビッグマムVSキッドと後からローが合流して戦う感じになりそうですね。

※ONE PIECE1013話 尾田栄一郎/集英社

ビッグマムとナミが和解する展開もあるかなと思ったんですけど、そんなことはなかったですねw

VSカイドウ

ルフィとカイドウ側の場面に切り替わります。

結果は見えていたと語るカイドウは既に人間形態に戻っています。

※ONE PIECE1013話 尾田栄一郎/集英社

そして、そのカイドウと直前まで戦っていたルフィはなんと、鬼ヶ島から落とされていました。

※ONE PIECE1013話 尾田栄一郎/集英社

ルフィ1人でカイドウに勝てるとは思っていませんでしたが、ヤマトと合流してから2対1で戦う展開になると思っていました。

それがまさかヤマト合流前にルフィが負けているとは・・・

ルフィが同じ相手に2連敗するのはクロコダイル以来です。

クロコダイルはルフィにとって初めて1対1で戦う七武海、カイドウも初めて1対1で戦う四皇。

2連敗してるところも初めて戦う強敵という所も共通してる気がしますね。

この共通点から考えると3戦目はルフィが勝つはずですが、まずは現状の窮地をどうやって逃れるかが問題です。

ルフィは助かるのか?

鬼ヶ島から海に向かって落下しているルフィ。

助けられる存在として考えられるのが飛行能力を持っているキャラか海に落ちたルフィを助けられるキャラです。

マルコ、サンジ、モモの助、ジンベイあたりがそうですが、マルコとサンジは激戦区で戦っているため助けに向かえる状態ではないです。

モモの助は声を聞く能力でルフィが落ちてる事に気付けるかもしれませんが、龍になる能力を使いこなしているわけではないので助けられるかは微妙。

ジンベイもフーズ・フーと交戦中で動けなそう。

そもそも誰もルフィが落下してる事に気付いていないため助けに行くのが難しそうです。

絶対絶命じゃん!!!

鬼ヶ島にいる仲間からの助けは望み薄ですが、案外ルフィの意識が戻ってギア4の飛行能力で鬼ヶ島に自力で戻るって展開もあるかもしれませんね。

ちなみに個人的願望としてはカタクリがルフィを餅の能力で助けるって展開を期待してます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました